ニュース一覧

アンダーカバー
[読み方:あんだーかばー / Heimlich & Co. ]

最終更新日 : 20:37
このページを編集する
©AMIGO
  • タイプ
    ボードゲーム
  • 制作
    Wolfgang Kramer
  • 発売日
    1986年
  • WEB
  • タグ
    個人戦 1ゲーム1時間以内 正体隠匿 ブラフ 

ゲーム紹介

アンダーカバーはスパイとなり機密書類を集めて得点を稼ぐゲームです。
プレイヤーはスパイとなって自分のコマかもしくは他の人のコマを動かしながら、自分のコマがバレないように得点を稼いで行きましょう。

このページを編集する

歴史

アンダーカバーは1986年にドイツで発売された、正体隠匿系のゲームです。
正体隠匿系としては珍しくすごろく形式で、得点を競うゲームとなっています。
1986年ドイツ年間ゲーム大賞の大賞受賞作品です。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

2~7人

プレイ時間

45~60分


目的


自分のコマがバレないように誰よりもたくさん得点を稼ぐことが目的です。


準備


参加人数に応じてコマをボードの教会に配置します。
各プレイヤーに担当するすアピの描かれたカードを1枚ずつ配り、自分だけ確認して閉じておきます。
スタートプレイヤーを決めたらゲーム開始です。


手番の行動


手番の行動はダイスを振り、コマをすごろくのように時計回りに移動するだけです。
ただし、この時出た目の数を好きなコマに好きなように割り当てることができます。
例:5の目が出た時、1つのコマを5マス進めてもいいし、赤を2マス・青を3マス進めてもいい。


得点計算の処理


コマが金庫のある建物で停まった場合、得点計算を行います。
得点計算は全てのコマに対して適用されます。
各コマが停まっている建物の得点分だけ得点マーカーを進ませます。
ただし、廃屋に居たコマはマイナス3点となります。


終了条件・勝利条件


どれかのコマの得点が42店を超えた場合、ゲーム終了となります。
その時点で自分のコマの正体を明かし、一番得点が高いプレイヤーが勝利となります。
このページを編集する

このゲームを入手

新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
このページを編集する

あなたにおすすめのボードゲーム

あかさたな
はまやらわ
イベントカレンダー
ボードゲームが遊べるお店
人狼役職図鑑人狼用語図鑑
ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


 
アカウントを持っていない方
登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら