ニュース一覧

バルバロッサ
[読み方:ばるばろっさ / Barbarossa ]

最終更新日 : 16:04
このページを編集する
©ニューゲームズオーダー
  • タイプ
    ボードゲーム
  • 制作
    Klaus Teuber
  • 発売日
    1988年
  • WEB
  • タグ
    個人戦 1ゲーム1時間以内 パーティーゲーム 

ゲーム紹介

バルバロッサは粘土で作品を作り、その正体を当てて得点を競うゲームです。

このページを編集する

歴史

バルバロッサは粘土細工で作品を作って当てる、一風変わったゲームです。
1988年ドイツ年間ゲーム大賞の大賞受賞作品です。
この作品の特徴は粘土作品は分かりやす過ぎても分かりにく過ぎてもダメというところです。
ちょうどいい具合のところを見極めて作るって他の人の作品を予想するのが楽しい作品です。
このゲームは、女子高生がアナログゲームで遊ぶ漫画「放課後さいころ倶楽部」の39話で紹介されました。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

3~6人

プレイ時間

約60分


目的


自分が決めたお題にそって当てられる人と当てられない人が同じくらいになるように粘土作品を作成して、より多くの得点を稼ぐことを目指します。
また、他の人の作品はどんどん当てて行き、さらに得点を獲得しましょう。


準備


各自に粘土を色ごとに配り、2~3個のお題を決めたら、ぎりぎり分かるくらいで粘土作品を作ります。
スタートプレイヤーを決めたらゲーム開始です。


手番の行動


手番の行動は以下の通りです。

1.スタートプレイヤーはダイスを振るか、宝石を使ってコマを進めます。
2.とまった位置のアクションを処理します。

これが終わったら次の手番に移ります。


アクション


アクションの種類は以下の4つです。

宝石を1つ獲得


全員1歩進める


作品のお題の1文字を聞く


任意の質問をする&当てる



質問と回答


質問するアクションがありますが、回答者は以下の4つから選んで回答します。
「そうです」

「そうかもしれない」

「正しい答えはない」

「違います」


なお、回答者が「違います」と答えないかぎり質問を続けることができます。
回答者が「違います」と答えたら、質問を続けるか、それが何かを当てるか選択します。
「違います」を2回言われたら質問は終了となります。

なお、それが何かを当てる場合は他の人に分からないように耳元で答えたり、紙に書いて伝えて下さい。
正解だった場合は最初に正解した人が5点、次が3点、他は無得点となります。

また、粘土作品を作った人にもポイントが加算減算されますが、あまりに当てられなかったり、当てられすぎるとマイナスとなるので注意が必要です。
※詳細なポイントは説明書をご確認ください。


終了条件・勝利条件


誰かが最大得点に達するか、13回正解の回答が出たらゲーム終了となります。
ゲームが終了した時に最も点数が高いプレイヤーが勝利となります。
このページを編集する

このゲームを入手

新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
このページを編集する

あなたにおすすめのボードゲーム

あかさたな
はまやらわ
イベントカレンダー
ボードゲームが遊べるお店
人狼役職図鑑人狼用語図鑑
ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


 
アカウントを持っていない方
登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら