ニュース一覧

おばけキャッチ
[読み方:おばけキャッチ / Geistesblitz ]

最終更新日 : 13:43
このページを編集する
©メビウスゲームズ
  • タイプ
    ボードゲーム
  • 制作
    Jacques Zeimet
  • 発売日
    2010年
  • WEB
  • タグ
    個人戦 1ゲーム10分以内 パーティーゲーム 

ゲーム紹介

おばけキャッチは山札のカードを1枚めくって、絵柄に描かれたコマや、色も形も関連しないコマを素早く取るアクションゲームです。

このページを編集する

歴史

おばけキャッチは、2010年に発売されたコマを素早く取るアクションゲームです。
2011年のドイツゲーム大賞の準候補作品です。
カードには絵柄しか無いため、小さい子供でも楽しむことができる作品です。
また、ルールを複雑にして遊ぶことができる「おばけキャッチ2」や、コマの数が9種類に増えた上級の「おばけキャッチ 名人技」も発売されている、人気の作品です。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

2~8人

プレイ時間

約10分


目的


このゲームは、場に出されたカードに描かれたコマや、色も形も関連しないコマを誰よりも早くとり、ポイントを稼ぐことを目的とします。
プレイヤーは5種類のコマの中から早い者勝ちでコマを取っていきます。


準備


カードをシャッフルして裏返して山札とします。
テーブルに全てのコマがプレイヤー全員が取ることができる位置に円形に置きます。
スタートプレイヤーを決めたらゲーム開始です。


ゲームの流れ


このゲームは山札から1枚カードを場に出し、そのカードに応じて早い者勝ちでコマを取ります。
一番早く正解のコマを取れた人は、そのカードを取得します。
コマの種類は「白いおばけ」「赤いソファ」「青い本」「緑のビン」「グレーのネズミ」の5種類です。

これを繰り返し行います。

通常のカードの処理
通常カードの場合、コマの絵柄と色が食い違うイラストが描かれています。
ここで色や姿形のどちらにも該当しないものを、誰よりも早く探して、そのコマを取ります。

特殊のカードの処理
たまに5種類のコマと同じものが絵柄で出ます。
その場合は、出た絵柄に該当するコマを取ります。

上級ルール
カードに「本」が描かれていたら、該当するコマを手で取るのではなく、口で言います。


終了条件・勝利条件


山札が全てなくなったらゲーム終了です。
ゲーム終了した時点で、最も取得したカード枚数が多い人が勝利となります。
このページを編集する

このゲームを入手

新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
このページを編集する

あなたにおすすめのボードゲーム

あかさたな
はまやらわ
イベントカレンダー
ボードゲームが遊べるお店
人狼役職図鑑人狼用語図鑑
ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


 
アカウントを持っていない方
登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら