ニュース一覧

太陽と月
[読み方:たいようとつき / Sonne und Mond ]

最終更新日 : 15:47
このページを編集する
©Drei Hasen Abendsonne

ゲーム紹介

太陽と月は2種類のカードを別々に列で並べていき、できるだけ多くのカードを使うゲームです。
太陽と月を各プレイヤーの前に別で出して列を形成していき、5枚以上連続しているカードを獲得し得点にします。

このページを編集する

歴史

太陽と月は2012年にドイツで発売されたカードゲームです。
カードのアートワークが綺麗でカードを眺めるだけでも楽しむことができます。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

2~4人(3人プレイ不可。4人の場合は2vs2の協力プレイとなります。)

プレイ時間

約30分


目的


太陽と月を種類ごとに列で並べていき、5枚並べることができたら回収し、得点とすることができます。
より多くの得点を稼ぐことが目的です。


準備


カードを全てシャッフルして各プレイヤーに5枚ずつ配り、残りは山札とします。
スタートプレイヤーを決めてゲーム開始です。


手番の行動


手番の行動は以下2つから選択します。

カードを1枚出す

5枚以上連続したカードを獲得


カードを1枚出す
カードを出す際には以下のルールにしたがって出してください。

自分の前に太陽と月の2列で並べていく

番号が昇順になるように左右の端にカードを置く

他の誰かの列にも置くことができる

先に出したカードの間にカードを置くことは出来ない

手札のカードを使いきったら山札からカードを5枚補充する

動物が描かれたカードを出した場合、連続でカードを出さなければならない


5枚以上連続したカードを獲得
5枚以上連続したカードがある場合は、手番で回収し得点とすることができます。


日食と月食


日食と月食のカードは特殊なカードです。
以下の通りに使用してください。

すでに出ているカードに重ねて置く

日食は太陽側に、月食は月側に置く

日食・月食を置かれた場合、列は分断される

日食・月食の前後の数字の間の数字のカードを持っていると埋めることができる



リセット


もしルールにしたがって出すことができない場合、並べているカードや手札を全て捨て札にして、リセットしなければなりません。
手札を5枚引いて、次の手番から仕切りなおします。
山札が無くなったら捨て札をシャッフルして山札とします。


終了条件・得点計算


山札が全てなくなり、手札の補充ができなくなったらゲーム終了し、得点計算を行います。
獲得したカードは1枚1点、自分の前に出されているカードは1枚-1点、日食・月食カードは0点です。
最終的に合計得点の高いプレイヤーが勝利となります。
このページを編集する

このゲームを入手

新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
このページを編集する

あなたにおすすめのボードゲーム

あかさたな
はまやらわ
イベントカレンダー
ボードゲームが遊べるお店
人狼役職図鑑人狼用語図鑑
ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


 
アカウントを持っていない方
登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら