ニュース一覧

あいだの数
[読み方:あいだのかず / Himmel, A... und Zwirn! ]

最終更新日 : 14:22
このページを編集する
©メビウスゲームズ
  • タイプ
    カードゲーム
  • 制作
    Klaus Kreowski
  • 発売日
    2010年
  • WEB
  • タグ
    個人戦 1ゲーム30分以内 パーティーゲーム 

ゲーム紹介

あいだの数は場に出ている数の、あいだの数を出せればセーフ、出せなければマイナス点を獲得するゲームです。
特殊なカードで回避したり、人からカードを取ったりしながら最少失点を目指しましょう。

このページを編集する

歴史

あいだの数はドイツで発売されたカードゲームです。
1~70の数の大小が分かれば、何歳でもプレイすることが可能です。
ルールはシンプルながら悩ましい場面も多く、子供から大人まで楽しめます。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

3~6人

プレイ時間

約20分


目的


場に出ている数字の間の数を出すか、マイナス点として場のカードを引き取ります。
より少ない失点でゲームを終えることを目指します。


準備


カードをシャッフルして各プレイヤーに5枚ずつ配ります。
山札から2枚カードを場に表にしてだし、片方のカードの近くに吹き出しカードを置きます。
スタートプレイヤーを決めたらゲーム開始です。


手番の行動


手番の行動以下2つから選択します。

場に出ている数字の間の数字を手札から1枚出す

特殊カードを使う

吹き出しカードに近い方の列のカードを全て引き取る


最初は好きなカードを出すことができます。
すでに列に2枚以上のカードが出ている場合は、その間の数を出すようにしてください。
1枚カードを出した場合は、山札から1枚カードを補充して常に5枚になるようにしてください。
なお、カードを引き取った場合、そのカードはそのままマイナス点となります。


特殊カード


特殊カードは以下の3種類があります。
特殊カードを使った場合、そのカード1枚を失点として扱います。

リバース
手番の回りが逆になります。

盗む
誰かから手札を1枚取ります。

上限変更
上限のカードより大きな数字を置くことができます。


終了条件・勝利条件


山札がなくなったらゲーム終了です。
回収したカードが一番少ない人が勝利となります。
このページを編集する

このゲームを入手

    新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
    このページを編集する

    あなたにおすすめのボードゲーム

    あかさたな
    はまやらわ
    イベントカレンダー
    ボードゲームが遊べるお店
    人狼役職図鑑人狼用語図鑑
    ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


     
    アカウントを持っていない方
    登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら