ニュース一覧

ムガル
[読み方:むがる / Mogul ]

最終更新日 : 11:26
このページを編集する
©ゲームフィールド

ゲーム紹介

ムガルは、競りを行い株券の売却などで得点を競うゲームです。
プレイヤーは場に出る株券の種類を見ながら、チップを賭けて競りを行うか、程よく降りるかをして、得点を重ねていきましょ。

このページを編集する

歴史

ムガルは2002年にドイツで発売された競りゲームです。
ゲームの題名の「ムガル」とは、「ムガル帝国」から由来しており、「大物」「権力者」といった意味を持つ言葉です。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

3~6人

プレイ時間

約60分


目的


競りを行ったり、株券を売却して、より多くの特典を獲得することが目的です。


準備


茶色の株券を書くプレイヤーに1枚ずつ配ります。
残りの株券をシャッフルして山札として場に置きます。
お金を6金ずつ配ります。
スタートプレイヤーを決めたらゲーム開始です。


ゲームフロー


山札から1枚オープンします。
同じ色の株券を手札に持っている場合、枚数と同じ数だけ得点を獲得できます。

めくられた株券に対して競りに参加する場合は、手番が来る度に1金場に出します。
競りから抜ける場合は、場に出されたお金を全て獲得することができます。
最後の1人になるまで競りを続けて、競りに勝ったプレイヤーは以下の2つから行動を選ぶことができます。

1.株券の獲得

2.株券の売却

上記で選ばれなかった方の選択肢を競りの2番めのプレイヤーが選ぶことができます。

株券を売却する時の処理
売却する場合、カードの枠の色と同じ色の株券を売却することができます。
売却価格は場に出ている同じ色のカードの枚数が1枚の値段となります。
この時売るカードもカード枚数として含みます。

ゲーム中お金が無くなったら
勝利点を売ってお金に変えることができます。
2勝利点→2金にすることができます。


終了条件・勝利条件


山札から暴落カードが出てきたらゲーム終了です。
お金を5金→1得点として、最終的に得点の高い人が勝利となります。
このページを編集する

このゲームを入手

    新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
    このページを編集する

    あなたにおすすめのボードゲーム

    あかさたな
    はまやらわ
    イベントカレンダー
    ボードゲームが遊べるお店
    人狼役職図鑑人狼用語図鑑
    ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


     
    アカウントを持っていない方
    登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら