ニュース一覧

落水邸物語
[読み方:らくすいていものがたり / Origin of Failingwater ]

最終更新日 : 12:42
このページを編集する
©ゲームフィールド
  • タイプ
    ボードゲーム
  • 制作
    Takuya Saeki
  • 発売日
    2006年
  • WEB
  • タグ
    個人戦 1ゲーム30分以内 

ゲーム紹介

落水邸物語は全員が1枚ずつカードを出して、一番強いカードを出した人が得点カードを取る事ができます。
ボードゲーム好きには知られているトリックテイキングゲームの逆を行うユニークなゲームです。

このページを編集する

歴史

落水低物語は2014年に日本のボードゲーム専門店ゲームフィールドから発売されたトリックテイキングの逆を行うゲームです。
2006年のゲームマーケットで販売された同人作品が原作でゲームフィールドが一般販売化しました。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

4人

プレイ時間

約30分


目的


ゲーム終了時により多くの得点を獲得していることを目指します。
プレイヤーは1枚ずつカードを出して、カードの強さを比べて全員出した時点で一番強い人が得点を獲得する事ができます。


準備


カードをシャッフルして各プレイヤーに6枚ずつ配り、残りを山札にします。
山札から6枚得点カードを縦にテーブルに並べます。
スタートプレイヤーを決めたらゲーム開始です。


ゲームフロー


1.時計回りに手札からカードを1枚ずつ出し、場に出ているカードの一番下の列に横に並べていく。

2.手番を次のプレイヤーに回して、1.を行う。これを全てのカードた置き終わるまで行う。

3.カードがあ全て置き終わったら、1列目から順に勝者を決めていく。

列ごとの勝者の処理について
列ごとに勝者を決めていく方法は以下の通りです。
まず、一番初めに出したカードの色と同じ色のなかで一番大きい数字を出した人が得点カードを獲得します。
次の列は前列の勝者が開始カードになります。
開始カードと同じ色で一番大きいカードが勝者となり、得点カードを獲得することができます。
コレを繰り返し行います。


終了条件・勝利条件


全ての列で得点カードの処理を終えたらゲーム終了です。
一番獲得した得点が多い人が勝利となります。
このページを編集する
新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
このページを編集する

あなたにおすすめのボードゲーム

あかさたな
はまやらわ
イベントカレンダー
ボードゲームが遊べるお店
人狼役職図鑑人狼用語図鑑
ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


 
アカウントを持っていない方
登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら