ニュース一覧

エルグランデ
[読み方:えるぐらんで / El Grande ]

最終更新日 : 19:50
このページを編集する
©メビウスゲームズ
  • タイプ
    ボードゲーム
  • 制作
    Wolfgang Klamer & Richard Ulrich
  • 発売日
    1996年
  • WEB
  • タグ
    個人戦 1ゲーム2時間以内 ゲーマー向け 

ゲーム紹介

スペインの大公となって、各地に騎士を送り込んで領土拡大を目指すゲームです。
ラウンドごとに各地に騎士を送りこんだり、騎士ゴマの配置換えをして、領土での勢力トップを狙いましょう。

このページを編集する

歴史

1996年にゲーム大賞を受賞しています。
また、ボードゲームのレビューサイトやプレイ感想などで軒並み好評化を受けている人気のゲームです。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

2~5人

プレイ時間

90~120分


目的、勝利条件


騎士を領土にたくさん配置して勝利点獲得を目指すゲームです。
ボードに騎士を置くためには、ストック→手元→ボードの手順で置かなければなりません。
うまく騎士を配置して領土を取得していきましょう。

3,6,9ラウンド終了時の決算でどれだけ領土をとっているかで得点が得られ、9ラウンド決算時に最も得点が高い人が勝利となります。


準備


タワーをボード右の小島に乗せます。
ラウンドマーカーをボード左にあるラウンド表示の1と書かれた上に置きます。
スコアカード2枚はボードの端の方に置いておきます。
全員が秘密ディスクを1つずつ、大公コマと騎士コマ31個、パワーカード13枚を取ります。

各自1つずつ騎士コマを取りボード左端のスコアトラックのSTARTの所へ置きます。
領土カードを良くシャッフルして伏せて置き、各自1枚ずつ引いて、引いたカードに書かれている場所に大公コマと騎士2つを置きます。
誰かがもう一枚領土カードを引き、引いた場所にキングコマを置きます。
各自、騎士のうち7個を自分の手元に置き、残りは自分の手元から少し離れた場所に置いておきます。(離れた場所に置いた騎士はストックと呼びます)

最後にアクションカードをスタック毎に分けて(スタック5は除外)、よくシャッフルして伏せて山にして横一列に並べ、それぞれの山から1枚取って表にして山の前に置きます。

スタートプレイヤーを決めてゲーム開始です。


ゲームフロー・手番の行動


ゲームフローと手番の行動は以下のとおりです。

1.スタートプレイヤーから順にパワーカード出す
スタートプレイヤーはパワーカードを手札から1枚出します。
時計回りに1枚ずつ他の人も出して行きます。
ただし、すでに場に出されている数字は出すことが出来ません。
全員出したら、数字の高い順に手番をやっていきます。

2.騎士をストックから手元に移動する
自分で出したパワーカードに書かれている数だけ、騎士をストックから手元に移動します。

3.アクションカードから1枚選び、アクションを実行する
場に表になっているアクションカードの中から1つを選び、以下2つの行動をします。

文章で書かれているアクションをする

アクションカードに記載されている内容のアクションをします。
アクションの詳細については後述します。

騎士を手元からボードに置く

アクションカードの下に書かれている騎士の数だけ手元からボードに置きます。
以下2つの決まりを守って置いてください。
1.キングコマに隣接しているマスに置く
2.塔に入れる
塔に入れた場合には他の人に聞こえるように何個入れたかを申告します。
アクションカードに書かれているだけの騎士が手元にない場合にはあるだけ置きます。

4.手番を回す
両方のアクションが終わったら自分の手番は終了です。
次に大きいパワーカードを出した人の順番になり同じ事をしていきます。
アクションカードは残ったアクションカードの中から選ばなければなりません。
全員がこれを行ったらこのラウンドは終了です。

5.ラウンド終了とアクションカードのリセット
それぞれが取ったアクションカードは捨て札になりこのゲームではもう使わないのでゲームから除外します。
例外として5スタックのアクションカードは1枚しかないのでまたアクションカードの5スタックの場所に戻します。2スタックの拒否権もまだ未使用の場合は手元に置いておきます。
各スタックのアクションカードを、また1枚ずつめくり表にします。
ラウンドマーカーを進め、次のラウンドに入ります。(3,6,9ラウンドが終わった時にはラウンドマーカーを進める前に決算が入ります。)

2ラウンド目以降は前ラウンドで一番小さいパワーカードを出した人からパワーカードを出し時計周りに回っていきます。
過去のラウンドで使ったパワーカードは使う事はできません。


決算


3,6,9ラウンドが終わった時に決算を行います。
決算はゲームボード左に書いてある通りの順番でやります。

1.秘密ディスクを使い、各自場所を1つ決めます。
ここで選んだ場所に自分がタワーに入れた騎士全部を移動させる事ができます。

2.全員決めたら同時に秘密ディスクを公開します。
タワーの中の騎士を公開して、一番多く騎士を入れていた人に5点、2番目に3点、3番目に1点、点数を加算します。

3.各自騎士全てを秘密ディスクで選んだ土地に移動させます。

4.ガリシア→バスク→アラゴン→カタロニア→カスティリヤ→新カスティリヤ→セビリア→グラナダ→バレンシアの順にそれぞれの領土で得点計算をします。

5.自分の大公がいる領土で1位を取った場合にはその領土で獲得する点が+2点されます。(大公は騎士コマとして数えません)。 

6.王の居る領土で1位を取った場合、+2点されます。 

7.同じ領土で騎士の数が同数だった場合には順位が1つ下がった点を両方が取得します。

すべての決算の合計値が高い人が勝利となります。


アクションカード


アクションカードの内容は以下のとおりです。

スタック1のアクションカード

[1-1]
任意の領土の自分の騎士を他の領土やタワーに好きな様に分配して移動することができる。
すべて移動させなくても良い。
キングの領土へは移動できない。

[1-2]
手元の騎士を2個まで好きな領土に移動させることができる。
移動先はキングの領土を以外であれば、どこでも構わず、2個別々の領土でも良い。

[1-3]
1-1か1-2どちらかを選択してアクションを行う。

[1-4]
任意の領土の騎士を5個までキングの領土を除く好きな領土へ移動できる。
自分の騎士以外も移動可能。

[1-5]
ボード上の他のプレイヤーの騎士を3個までキングの領土を除く好きな領土に移動できる。

[1-6]
ボード上の騎士を3個選択してキングの領土を除く他の領土に移動させることができる。
自分の騎士以外も移動可能。

[1-7]
ボード上の自分の騎士2個と他のプレイヤーの騎士2個を、キング領土を除く他の領土に移動させることができる。

[1-8]
ボード上の自分の騎士を4個、キングの領土を除く他の領土に移動させることができる。

[1-9]
ボード上の任意の騎士を4個、キングの領土を除く他の領土に移動させることができる。
自分の騎士以外も移動可能。


スタック2のアクションカード

[2-1]
拒否権(VETO)。このカードを取得したラウンドと次のラウンドの間にスペシャルアクションを1つ防ぐことが出来る。
一部分の拒否も可能。
誰かが実行しようとした時、すぐに反対を宣言できる。
持っている間、カードを自分の前に表向きにする。

[2-2]
他のすべてのプレイヤーの手元の騎士を、すべてをストックに移動させる。

[2-3]
他のすべてのプレイヤーの手元の騎士3個をストックに移動させる。

[2-4]
他のすべてのプレイヤーは手元あるいは領土内にある任意の騎士を3個ストックへ移動させる。(手元と領土内、両方からでも良い)
このカードを使用したプレイヤーの左隣りのプレイヤーから左回りに行う。

[2-5]
他のすべてのプレイヤーの領土内の騎士を各1個ストックに移動させる。
カードを使用したプレイヤーがどの騎士をストックに移動させるか決定する。

[2-6]
他のすべてのプレイヤーは好きな領土内の自分の騎士を2個ストックに移動させる。
領土はディスクを使用して決定して、同時に公開する。
なお、必ずコマが2個以上ある領土を選ぶこと。

[2-7]
他のすべてのプレイヤーは好きな1領土内の自分の騎士をすべてストックに移動させる。
領土はディスクを使用して公開決定して、同時に公開する。
なお、必ずコマが2個以上ある領土を選ぶこと。

[2-8]
一つの領土を選択して得点をつける。
キングとタワーも選択できる。
得点は通常のスコアの方式に従う。

スタック3のアクションカード

[3-1]
スコアの最高得点が4の領土をすべて得点計算する。
対称となるのは、ガリシア、カタロニア、セビリア。
4-1のアクションカードによりスコアボードが変更されている場合は対象が増える。

[3-2]
スコアの最高得点が5の領土をすべて得点計算する。
対称となるのは通常、バスク、アラゴン、バレンシア。
タワーは得点対象にならない。

[3-3]
スコアの最高得点が6と7の領土をすべて得点計算する。
対称となるのは通常、カスティリヤ、新カスティリヤ、グラナダ

[3-4]
タワーの中の騎士を数え得点計算を行う。
得点計算後は、騎士をタワーの中に戻す。

[3-5]
タワーを除く全ての領土の得点計算をする。
ただし、各領土で点数を得られるのは最も騎士を持っているプレイヤー1人だけ。

[3-6]
最も騎士の数が多い領土の得点計算をする。
同数の領土があった場合、すべて得点計算をする。

[3-7]
最も騎士の少ない領土の得点計算をする。
同数の領土が会った場合、すべて得点計算する。

[3-8]
一つの領土を選択肢て得点計算をする。
キング及びタワーも選択可能。

スタック4のアクションカード

[4-1]
移動得点ボード1つをボード内の任意の領土のスコアの上に置く。
ボード内にあるスコアボードを移動させることも出来る。
タワーにも配置可能。
2枚重ねは出来ない。
移動得点ボードは「8/4/0」と「4/0/0」の2種類。

[4-2]
キングコマを隣接する領土に移動させる。
タワーの領土には移動できない。

[4-3]
領土を1つ選択し、領土内にいる他のすべてのプレイヤーの騎士をすべて他の領土に移動させる。
領土はディスクを使用して決定し、同時公開する。
キングの領土に移動はできない。
誤ってキングの領土を指定した場合は、騎士を手元に戻す。

[4-4]
自分の大公コマを他の領土に移動することが出来る。
キング及びタワーの領土は選択することができない。
この時、目的の領土に他のプレイヤーの大公がいても移動可能。

[4-5]
以前に自分が使用したパワーカードを1枚回収することができる。

[4-6]
カードをプレイしたプレイヤーのストックにいる騎士を2個手元に移動させる。

スタック5のアクションカード

[5-1]
キングコマをタワーを除く好きな領土に移動させることができる。
このページを編集する

このゲームを入手

新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
このページを編集する

あなたにおすすめのボードゲーム

あかさたな
はまやらわ
イベントカレンダー
ボードゲームが遊べるお店
人狼役職図鑑人狼用語図鑑
ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


 
アカウントを持っていない方
登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら