ニュース一覧

MAYOR
[読み方:メイヤー / MAYOR ]

最終更新日 : 20:02
このページを編集する
©やおよろズ
  • タイプ
    ボードゲーム
  • 制作
    やおよろズ
  • 発売日
    2014年秋
  • WEB
  • タグ
    協力 1ゲーム2時間以内 ゲーマー向け 

ゲーム紹介

MAYORは市長候補者や家族、広報担当などの役割を持って全員で協力して市長選挙に当選することを目指すゲームです。
7日間の市長選挙戦の予定を全員で相談しながら決めて、毎日発生するアクシデントを協力して乗り越えながら、市長の座を全員で勝ち取りましょう。

このページを編集する

歴史

MAYORは2014年秋に販売された市長選挙がモチーフの協力ゲームです。
制作した「やおよろズ」は京都のアイドルグループで、メンバーの「まりえ先生」は地方権力者の娘で、実際の選挙活動の経験をこのボードゲームに落とし込んでいます。
本格選挙シミュレーションボードゲームと謳っているだけあって、専門用語が使用されていたり、アクシデントの内容などが選挙にありがちな内容だったりと、凝った作りになっています。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

3~7人

プレイ時間

60~90分


目的


候補者・家族・選対本部長・演説会担当、街宣担当・電話作戦担当・広報担当の役割を演じて特性を活かしながら、7日間の選挙活動で当選を目指します。


ゲームフロー


ゲームフローは以下の通りです。
ここではルールの概要を記載します。

1.後援会員の召集
どの地区から後援会員を召集するかを相談して決めます。

2.活動計画
どんな選挙活動を行うのかを決めます。
動ける後援会員の人数を考慮しながら、最も効率よく支持率を上げる方法を相談して、予定を組みます。

3.アクシデント発生
アクシデントカードを引きます。
アクシデントで狂った予定を1分間で相談して活動計画を修正しましょう。

4.支持率アップ
選挙活動を行った地区の支持率をアップさせます。
活動内容は、選挙カー、個人演説会、街頭演説などのメジャーなものから桃太郎、ベタ電、といった専門的な用語のものまであります。

ここまでが1日となります。
これを7日間繰り返します。


開票(ゲームの勝敗判定)


7日間の選挙活動が終わったら開票を行います。

各地区の投票速報
地区ごとの投票率を、投票率カードを引いて決定します。

開票結果
地区の人口に投票率と支持率をかけて、地区ごとの得票数を出します。
各地区の人口に投票率をかけた総投票数に対して、過半数の得票があれば市長当選で全員が勝ちとなります。
過半数が得られなかった場合は、全員敗北となります。


<詳細なルールについて>
詳細なルール、役割については以下の動画が参考になります。
ぼくらの七日間選挙!(ニコニコ動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24864900
このページを編集する

このゲームを入手

新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
このページを編集する

あなたにおすすめのボードゲーム

あかさたな
はまやらわ
イベントカレンダー
ボードゲームが遊べるお店
人狼役職図鑑人狼用語図鑑
ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


 
アカウントを持っていない方
登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら