ニュース一覧

エルフェンランド
[読み方:えるふぇんらんど / Elfenland ]

最終更新日 : 16:02
このページを編集する
©AMIGO
  • タイプ
    ボードゲーム
  • 制作
    Alan R. Moon
  • 発売日
    1998年
  • WEB
  • タグ
    個人戦 1ゲーム1時間以内 

ゲーム紹介

エルフェンランドは、プレイヤーがエルフとなり、ドラゴンやユニコーンなどの乗り物に乗ってエルフの国の街を巡るゲームです。
街から街への道は様々で、その道にあった乗り物を選び、他のプレイヤーよりたくさんの街をめぐりましょう。

このページを編集する

歴史

エルフェンランドは1998年にドイルで発売されたゲームです。
2013年に日本語化されメビウスゲームスから販売されました。
ドイツゲーム大賞1998年の大賞受賞作品です。
シンプルなゲーム性とコンポーネントの美しさが目を引く作品です。
このゲームは、女子高生がアナログゲームで遊ぶ漫画「放課後さいころ倶楽部」の33話で紹介されました。

このページを編集する

遊び方

プレイ人数

2~6人

プレイ時間

60~90分


目的


目的は、移動タイルと乗り物カードを使って各所の町をできるだけ多く巡ることです。


準備


ボードの街に小さいコマ、城に大きいコマを配置します。
カードをシャッフルして山札とします。
スタートプレイヤーを決めてゲーム開始です。

ゲームフロー


スタートプレイヤーから手番を時計回りに回します。
ゲームフローは以下の通りです。

1.乗り物カードを8枚ずつ配る

2.移動タイルを引く
移動タイルを他のプレイヤーに見られないように各プレイヤー1枚ずつ引きます。
次にプレイヤー人数分タイルをオープンにして各プレイヤー1枚ずつ引きます。
ただし、欲しいタイルが無ければ山から引くことも可能です。
これを3回繰り返し、1枚伏せ、3枚オープンの手持ちにします。
場のタイルは常に5枚オープンになるように補充します。

3.移動タイルをボードに配置する
スタートプレイヤーから順に1枚ずつタイルをボードに配置していきます。
移動タイルの配置スールは以下の通りです。
その道を通行可能なものしか置けない

移動タイルで指定された乗り物カードのみ通行できる

移動タイルが置かれていない道は通行できない(いかだは除く)

置きたくない場合はパスできる。ただし次のラウンドに持ち越し可能なタイルは1枚まで


全員がパスをしたら移動カードの処理を行います。

4.乗り物カードをプレイして移動する・コマを回収する
乗り物での移動処理を行います。
ここでカードを全て使い切らず残す場合、残したカードは全て次のラウンドに持ち越すことができます。

上記を1ラウンドとし、これを4ラウンド行います。

障害タイル
各プレイヤーはゲーム中に1回だけ「障害タイル」を置くことができます。
これを置かれた道を通る時、通行に必要なタイルが+1追加されます。


勝利条件


4ラウンド終了した時点で、最も多くのコマを回収できたプレイヤーの勝利となります。

このページを編集する

このゲームを入手

新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
このページを編集する

あなたにおすすめのボードゲーム

あかさたな
はまやらわ
イベントカレンダー
ボードゲームが遊べるお店
人狼役職図鑑人狼用語図鑑
ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


 
アカウントを持っていない方
登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら