ニュース一覧

ジャンドイッチ
[読み方:じゃんどいっち ]

最終更新日 : 16:53
このページを編集する
©しのうじょう
  • タイプ
    カードゲーム
  • 制作
    篠﨑高広
  • 発売日
    2017年春
  • WEB
  • タグ
    個人戦 1ゲーム30分以内 

ゲーム紹介

ジャンドイッチは「しのうじょう」にて2017年春のゲームマーケットで発売される、サンドイッチ麻雀ゲームです。

このページを編集する

歴史

※このページに関する知識をお持ちの方は、ぜひ編集をお願い致します。

このページを編集する

遊び方

詳細は公式HPにて画像付きでわかりやすく公開しています。
http://shinojo.web.fc2.com/product/jandwich.html




■ゲーム概要
サンドイッチショップの店長になってお客さんを奪い合うゲームです。
パンと具材のカードを使ってサンドイッチを作ります。
6枚の手札で3枚組を2セット作ると完成です。
最後にお客さんが一番多い人の勝ちです。


■準備
最近サンドイッチを食べた人から取材(スタートプレイヤー)になります。
いなければ適切な方法で取材の人を決めます。
取材の人の前に1周目を表にした取材カードと箱を置きます。
10P×1枚、5P×2枚、1P×5枚の合計25Pのお客さんチップをそれぞれに配ります。

■ゲームの目的
手札の6枚で、3枚組を2セット作ることを目指します。
3枚組はトリオ、コンボ、サンドの三種類の作り方があります。

■ゲームの流れ
サンドイッチカードをよくシャッフルして、各自に5枚ずつ手札として配り、残りは中央に山札として置きます。
山札の一番上のカードを表にして横に置きます。これが「人気メニュー」になります。

取材(スタートプレイヤー)の人から手番を始め、反時計回りに進みます。
自分の手番になったら、山札から1枚を手札に加えます。
3枚組2セットが完成しなかったら、手札から1枚捨て札として自分の前に表にして捨てます。


■「バイ」
他の人が捨てたカード際、そのカードででトリオ、コンボ、サンドのいずれかが完成する状態であれば、自分の番でなくても「バイ」と宣言できます。
「バイ」をした人はカードを捨てた人に1P払った後、
手札の2枚ともらったカードを自分の前に一緒に表にして置き、その後手札から1枚捨てます。
次の手番は「バイ」をした人の右隣の人になります。

■3枚組が2セット完成した時の処理
「山札から引いて完成」するか「他人が捨てたカードを加えると完成」する場合「サンキュー」と宣言できます。
宣言したら手札を公開し、メニュー一覧にしたがって点数を計算します。


・山札から引いて完成した場合
計算した点数を完成した人以外の人数で割って(小数点切上)、完成していない人は完成した人にそれぞれ払います。

・他の人が捨てたカードを加えて完成
計算した点数を捨て札を捨てた人が完成した人に払います。
■ラウンドとゲームの終了
誰かが完成するか、山札がひけなくなったらラウンドが終了します。
取材が反時計周りに進み、取材マーカーを動かします。
取材を全員が2回受けるか、誰かのお客さんチップが0Pになったらゲームが終了です。
その時点でお客さんチップが一番多い人の勝ちです。
このページを編集する
新しいゲーム項目追加のお問い合わせは、Twitter(@coro_navi)までご連絡ください。
このページを編集する

あなたにおすすめのボードゲーム

あかさたな
はまやらわ
イベントカレンダー
ボードゲームが遊べるお店
人狼役職図鑑人狼用語図鑑
ボードゲーム 人狼 ボドゲ TRPG テーブルトークRPG カードゲーム シュミレーションゲーム ウォーゲーム 説明 ルール イベント ニュース カレンダー プレイルーム プレイスペース アナログゲーム 卓上ゲーム 卓ゲー


 
アカウントを持っていない方
登録・利用はすべて無料です。アカウントの新規取得はこちら